Kremer Racing Japan


私共は0-400mの速度や最高速度、若しくは最高出力や最大トルクはその車両を評価する要素のほんの一面にしかすぎないと考えております。
それはかってドイツでクレーマー兄弟本人にコンブリートカーをオーダーした際、その車の仕様について尋ねられた会話の中でクレーマー兄弟は「オーナーがポルシェを所有している意味」をそのオーナー以上に深く考えている事を感じたからです。
それは「すぐに壊れる様なものでは意味がない」ポルシェは通過する車ではなく辿り着く車です。
ですからオーナーには体力の限界、それを一つの目安とするならばクラッチを切れなくなる迄は乗ってもらいたい。それだからこそ「すぐに壊れる様なものでは意味がない」、確かに経済的にも精神的にも維持しきれなくなってしまうのではチューニングする意味がないと言う事として解釈いたしました。
その事は足回りのセッライングを例に上げても精悍な外見から想像されるレーシーでハードなイメージに反する、ドライビングして初めて感じる懐の深い、乗り心地が犠牲にならずストレスともならない操縦性の絶妙なバランスにも現されています。
当然の事ながら個々のオーナーのドライビングフィールドやスタイル等その嗜好によってご提案内容も変わります。
但し、まずはキッチリとしたノーマルの完調な状態を楽しんでいただき、それから必要であれば初めて個々のオーナーの趣味・趣向を伺いながらお車をあつらえていく様にさせていただきます。
それがクレーマーの若しくはドイツの本当のチューニングに対する考え方なのです。
それは最終的に、オーナーが何を望むかであつらえるのではなく、買い替える事がベストなケースもあるからです。またお客様の要望が現実的に今後お車を維持して行く上で経済・精神的にリスクをかされる事にならない様に確認する必要もあるからです。
混合気の吸入・充填効率を向上させる為にバルブガイドを短くカットする加工の事を耳にしますが、たとえそれでパワーがあって速くなっても30時間程度しか持たないエンジンをオーナーが本当に求めていたのか?と言う事です。
ドイツクレーマーレーシング社の正規日本法人としてその完成されたノウハウでお客様のポルシェのメンテナンスからチューンアップ迄させていただきたいと考えております。


ポルシェは生産車の3分の2が現在も走行している類まれな車であるとメーカーは伝えております。
その事実は単に基本設計に優れ、耐久性があった等と言う様な簡単な結論でまとめられてしまう事ではなく、それだけ多くの、それも世界中の人々が関心を持って永く愛しんで来た車であった事を意味しております。
その儚くも凝縮された期間にレーシングフィールドを始め一般道迄、メーカーから世界中の個々のチューナーやカスタマーを虜にし、356からケイマンに至るRR・MR・FR等様々なタイプが開発され計り知れない可龍性のテストと追求がされてきました。
だだ、そのデザイン・テクノロジー・マテリアル等最新の流行と言う可能性も一つの極みに達し、漸くこれからテストによって蓄積された膨大なノウハウの中にある様々な提案を、オーナー自身が自分の趣味・趣向で整理し、選択をして行く時が訪れているのではないかと感じております。
私共はドイツクレーマーレーシング社の正規日本代理店としてクレーマー兄弟の精神でポルシェのエンブレムのついた車に瞳れ、これからポルシェのオーナーになられる方が1台のポルシェをずっと乗り続けていただける様なポルシェライフのご提案とアドバイスをして参りたいと考えております。
承認書 ドイツポルシェクレーマーレーシングブランドの販売、デザイン、企画制作を目的に日本で唯一認められた「クレーマージャパンレーシング」として活動を開始いたしました。

承認書の内容としては以下の通りです。
「ドイツのE+M KREMER社の社長であるERWIN KREMER氏は、ここに日本在住の丸山文雄氏を KREMER RACING JAPAN,LTD社の代表として承認する。」

KREMER RACING JAPAN
代表:丸山文雄